日本のクラシックビデオゲーム トップ5

日本はこれまで、世界でも知名度が高く、記録的な人気を獲得したゲームの数々を生み出してきました。そのようなゲームが文化に占める割合は大きく、たとえシンプルなゲームであっても、斬新なデザイン面での革新によって、熟練ゲーマーたちを魅了してきました。

現代のゲームの起源は、そのようなゲームから始まったのかもしれません。中にはフランチャイズ化して、現在でも根強い人気を誇っているゲームもあるほどです。

ビデオゲームの人気は、止まるところを知りませんが、ビデオゲーム愛好家の方々にはこのようなクラシックゲームもぜひプレイしていただきたいと思います。

そこで、今回は日本発、史上最高のビデオゲームをご紹介します。

1) スペースインベーダー

「スペースインベーダー」今でも人気のアーケードゲームです。シンプルな2次元のシューティングゲームで、プレイヤーは水平に動くレーザーガンを操り、画面の上から降ってくる宇宙からの侵略者たるエイリアンを次々に撃ち落としていきます。

プレイ時間が長くなるにつれ、ゲームの難易度も上がり、ある時点で最強の「ボス」が登場します。独特の音楽とサウンドエフェクトも特徴的です。

2) ストリートファイター

「モータルコンバット」よりも古いのが、日本で開発された「ストリートファイター」です。1987年に発売されたこの格闘ゲームは、同ジャンルのスタンダートを確立しました。

細かく描写されたキャラクターが、2次元のグラフィックで見事に動き回ります。多くのキャラクターが登場し、1対1の戦いを繰り広げます。ボタンの組み合わせによって攻撃を使い分けます。

3)ファイナルファンタジー

「ファイナルファンタジー」は、長期にわたる輝かしい歴史を残すことになった有数のビデオゲームブランドのひとつです。初代ファイナルファンタジーがリリースされた1987年以来、幅広いジャンルやプラットフォームで100種類以上の作品が誕生しています。キャラクターと物語に凝った、ストーリー中心のゲームです。

4) サイレントヒル

「サイレントヒル」は、多くの人に史上最高のホラービデオゲームシリーズと認められています。日本で誕生したこのシリーズは、グロテスクで、暴力的で、不安を掻き立てるゲームの特徴からファンの間で高い人気を誇っています。タイトルにもなっているサイレントヒルがゲームの舞台で、そこではミステリアスで恐ろしい現象が次々に起こります。

5) ポケットモンスター

「ポケットモンスター」の絶対的な支配を止められるものはまだ登場していません。株式会社ポケモンは1998年の創設以来、スマートフォンで大ヒットした「ポケモンGO」をはじめ、ポケモンのゲームを開発し続けています。

同シリーズはビデオゲームの他にも、映画、マンガ、トレーディングカードにまで展開されています。ゲームは、架空の動物であるポケモンを捕まえて育て、他のトレーナーのポケモンと戦わせるという内容になっています。